<写真展開催のお知らせ> 
 2013.5.20(Mon) 〜 6.1(Sat)
open 11:30 〜 19:00 (最終日17:00) 日曜日はお休み
   
 2006年にユーコンで始めて見たオーロラに魅せられ、何度も極北の地を訪れました。今回は今まで撮り貯めたオーロラ写真の中から、秋に撮影したオーロラをご紹介します。

 オーロラは極寒の中というイメージが強いようですが、初秋に見るオーロラは格別です。この季節がお薦めの理由は、まず寒くないこと・・・と言っても、夜の温度は5〜0℃ほどで、雪が降る日もあります。
 湖面に映るオーロラや満天の星空に広がる優しいオーロラなど、9月に撮影したシーンをピックアップしてオーロラの夜にご案内します。

 春の最中に秋のオーロラ写真・・・少し違和感もあると思いますが、11年周期の太陽活動は2013年にピークを迎え今年は絶好のチャンスです!写真を見てイメージを膨らませ、秋の旅行のプランを考える切っ掛けになればいいなぁ・・・と考えた次第です。

 今回は用紙にこだわり福井県越前市で作られている風合いが素晴らしい「局紙」にプリントしています。和紙と極光という、ひと味違ったオーロラをお楽しみ下さい。

 期間中は常駐しているので、オーロラ観測や撮影のコツなどいろいろなご相談にお答えできるでしょう。

【期 間】 2013年5月20日(月)〜6月1日(土)
【時 間】 11:30〜19:00 (最終日は17:00) 
【お休み】 5月26日(日)
プロフィール
小貝哲夫(こがいてつお)
 1960年東京都生まれ。フォトライター。体育大学体育学部卒業後、海外青年協力隊に参加し世界の広さを知る。帰国後パラグライダー販売業の傍ら、世界中を旅する。   
 1999年フリーランスとして独立、自らを人生、興味、趣味の中を旅する「Traveler」と称し、その交差点で仕事をするというコンセプトの「CROSSROAD」を主宰。
 パラグライダー専門誌を中心にアウトドア、旅、もの、レスキュー、ミリタリーなど広い守備範囲のフォトライターとして活動中。感動を伝えるためにカメラを持ち、「そこでしか撮れない写真」をモットーに地球の素晴らしさを切り取っている。

ホームページ:gaiko world -そこでしか撮れない写真-
【場所】ギャラリー×カフェ ジャローナ
東京都港区赤坂2-6-22 デュオ・スカーラ赤坂U B-102
TEL 03(3587)8610

【アクセス】東京メトロ千代田線赤坂駅(2番出口)より徒歩2分